インターンシップ

インターンシップ①~薬剤師と管理栄養士のコラボ体験~


「安全使用のための情報提供」から「服薬後のフォロー」へ


薬局は病気にかかったときの調剤を行うだけではなく、その病気を予防する、健康を維持することにも貢献できると考えています。そうした健 康維持・予防の段階からお付き合いのある方は、お薬が必要になった時にきっと私たちのことを思い浮かべてくれるでしょう。では、「薬局に行 けば健康のことや予防のことまで教えてくれる」という信頼や期待は、どのようにして培っていくことができるでしょうか?調剤を通じて、薬剤師 と管理栄養士が協力することでどんな付加価値を提供しているのか、ぜひご体験ください。

インターンシップ②~在宅同行体験


「アセスメント」と「多職種連携」 お薬を届けるだけではない在宅医療


薬剤師の在宅訪問というとお薬を届けるということに焦点を置きがちですが、実は訪問の準備が非常に大切です。その薬で問題ないかをしっかりと「アセスメント」した上で、服薬による効果や副作用の有無を「確認」するために訪問しなければ、単なるお薬のお届けと世間話に終わってしまいます。
本インターンシップでは、どのようなアプローチで「アセスメント」を行うのか、常に自分が見ていられるわけではない患者様を他職種の方と連携して見守っていくために、どんなコミュニケーションを図るのかをご体験いただきます。

プログラム① ◆薬剤師と管理栄養士のコラボ体験

処方内容・薬歴内容から、食事指導の必要性の有無を薬剤師が判断。生活背景を考慮した食事
指導と服薬指導のコラボを体験。

【当日の流れ】
9:30~9:40 【集合・オリエンテーション】

9:40~11:00 コラボ体験
実際に来局される患者様へのご対応を見て、「食事指導に振る判断軸」「その方の健康課題」
「指導内容のポイント」を考察します。

11:00~12:00 【移動・店舗見学】
月に300の診療科から処方箋を応需する薬局を見学します。また管理栄養士チームが行う「栄養
改善事業」についてご説明します。

12:00~13:00 【昼食】

13:00~14:00 【かかりつけ薬剤師の検討】
薬局薬剤師がOTCを取り扱うことの意義についてお話した後、今後求められる薬剤師像の検討を
行います。

14:00~ 【まとめ】
一日のプログラムを通して、薬局のあるべき姿を検討します。

※プログラム内容・順序について一部変更になる場合がございます。
プログラム② ◆在宅同行体験コース

薬学的知見に基づく「処方薬のアセスメント」から、EBM・NBMを実践する「多職種連携」まで。
お薬を届けるだけではない在宅医療を体験。。

【当日の流れ】
13:00~13:15 【集合・オリエンテーション】

13:15~14:15 【在宅の概要と訪問準備】
在宅に関する基本的な流れや仕組み・当日の患者様についてご説明した後、薬の準備とアセスメ
ントを体験します。

14:15~15:45 【在宅へ同行】
在宅訪問に同行しアセスメント結果の確認と、他職種の方とのコミュニケーションを体験します。

14:50~15:30 【振り返り】
1日の振り返りを行います。

実施期間 2016年7月~2017年2月
参加条件 ・薬学部に在学中の方及び卒業生
・薬剤師免許を取得済みの方
実施場所 ①薬剤師と管理栄養士のコラボ体験

◆集合場所・午前の部
台場薬局
東京都品川区東品川1-6-23
京浜急行線「北品川駅」より徒歩5分

◆店舗見学
品川区内にある店舗の内1~2か所

◆午後の部
株式会社アペックス本社
東京都品川区東品川3-18-3

②在宅同行体験

◆集合場所
クリーン薬局新小岩
東京都葛飾区東新小岩5-1-4
JR総武線「新小岩駅」より徒歩5分

◆体験場所
個人宅もしくは介護施設等

※基本的に車にて移動します。
持ち物 筆記用具、白衣
服装 軽装
募集人数 毎回2~3名程度
報酬・交通費 交通費の支給はございません。
昼休憩をまたぐ場合、昼食はこちらでご用意いたします。
応募方法 採用HPよりエントリーください。その後開催中の日程をご案内いたします。
またはご都合の良いお日にちを伺います。
エントリー

お電話でのお問合せ

03(3472)2562

ページのトップへ